BLOGブログ

2018.01.28(日)

  • スタッフのひとりごと

豆知識(再)

外は寒いですが、日々元気な沼田店清水です!!

毎日冷凍庫の中のようなところで生活をしていると、ここ最近はめっきり寒さにも慣れ、家の中では汗ばむこともあるくらいです(^_^;

以前に他のページで言葉の由来について紹介をした際に好評を頂いていたので、こちらのHPにもアップします!

まずは、皆様も馴染みのある”子はかすがい”と言う言葉から。

馴染みがある言葉ですが、建築で用いるかすがいとは、木と木を堅く繋ぎ止める金具です。ここから、喧嘩をした夫婦が子供の話題や子供への愛情から繋がりを保つという意味合いで使われるようになりました。

 

次は、真っ先に、一番初めになどの意味で使われる”いの一番”という言葉がありますよね。こちらも、以外と知られていませんが、建築が元になった言葉なんですよ。

家の図面は、縦方向にい・ろ・は…、そして横方向に一・二・三…というように番号と言葉が書かれているのをご存じですが?そして、一番最初に建てられる柱が「いの一番」の柱だった事から今のような意味になりました。(北東の角柱がいの一番になることが多いようです。)

 

最後は、皆さんの周りでもいらっしゃるのでは??と思いますが、良く飲みすぎて、ふざけすぎて”羽目をはずす”方がいらっしゃると思います。

その羽目、これは建物の壁板の事なんです。今でも古いお家や塀などがある地域では見かけることがあります。この羽目板が外れたり壊れてしまうとそこから雨が入り込み木を傷めてしまいます。そして、見た目も悪くなっていきます。そこから格好の悪い様を羽目をはずすと言うようになったと言われています。

では、また楽しい話をお届けします!!

ブログ一覧

サンポウホームの強味
お客様から頂いた嬉しいお手紙